クワイ河に虹をかけた男 公式サイト

2016/日/119分/きろくびと
監督:満田康弘

「死の鉄道」の和解に生涯を捧げた男のドキュメンタリー。

太平洋戦争の最中の1942年、旧日本軍はタイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設に着手。10年はかかるとされた415kmのルートをわずか1年3カ月余りで完成した陰には捕虜ら数万人の犠牲があった。陸軍通訳として勤務していた永瀬隆は惨状を目にし誰の力も借りず独力でこの悲劇の贖罪を始める。